「腰痛ナビ」腰痛専門、検索情報サイト
 腰痛専門 検索・情報サイト 「腰痛ナビ」

女性の腰痛 〜その予防と対策

女性の腰痛「TOP」〜はじめに| |腰痛とは| |妊娠中の腰痛-ホルモンによる影響
妊娠中の腰痛2-姿勢的(生体力学的)による影響| |産後の腰痛| |生理と腰痛| |女性の腰痛-その予防と対策


今回は腰痛の予防と対策についてのお話です。

分かりやすくするために2つに分けました。

  1. 患者さん自身による予防
  2. クリニックでの予防

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. 患者さん自身による予防 (生活習慣の改善)

現代医学でも腰痛や肩こりなどは 「生活習慣病」 といわれています。

(例)仕事
  • 長時間、座っていることが多い
  • 長時間、パソコンを使っている
  • 長時間、車に乗っている姿勢が悪い
  • 精神的ストレスが多い
  • (例)生活
  • 運動不足である
  • ねこ背である
  • よく足を組む
  • 寝不足のことが多い
  • 食生活が乱れている
  • 精神的ストレスが多い
  •  

    肩こりや腰痛は、生活習慣における肉体的・精神的なストレスが、「痛み」として現れたものです。

    ですから、たとえクリニックですばらしい治療を受けたとしても、患者さん本人が「痛みの原因」である生活習慣の改善を行わない限り、その治療効果は半減してしまいます。

    つまり、現在の生活を続けているうちは、腰痛や肩こりがなくならないのです。

    そのため私は患者さんに必ず、「治すのは私ではなく患者さん自身です」ということを伝えます。
    患者さんの意識が変わらない限り、根本的な解決にはならず、ホスピタルショッピング(病院やクリニックにいろいろと行くこと)が永遠に続くと考えるからです。

    また、女性の腰痛・肩こりには生理・妊娠・出産・閉経などに伴う、ホルモンの作用も大きく関係しています。

    ホルモンが体へおよぼす影響については前のコラムでも説明しましたが、ホルモンはまた、精神面へも影響をおよぼします。そのため女性は男性に比べ、精神的に不安定になりやすく、それが腰痛・肩こりの原因になるということも見過ごせません。

    体だけではなく心に対するケアも大切だと言えます。

     

    以上二つのことから、患者さんには以下のケアをお勧めします。

    ●姿勢を改善する
    ●定期的に運動をする
    ●栄養に気をつける
    ●精神的なストレスを取り除く
    ●良い睡眠をとる

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    2. クリニックでの予防

    上記の生活習慣の結果、靭帯・筋肉・関節・椎間板などに「変形」が起こることがあります。

    (例)

    変形性脊椎症・椎間板ヘルニアなど

    また、加齢やオーバーユース(使いすぎ)による 「変形」 もあります。

    (例)
  • 仙腸関節の変形・・・30歳前後
  • 骨粗鬆症・・・閉経後
  • 椎間板ヘルニア・・・30歳〜50歳前後
  •  

    これらの「変形」や先述のコラムで書いた 「構造(解剖学的)に負担」 がある場合、症状が慢性化したり、突然症状が悪化する可能性があります。

    「突然の腰痛」に襲われないためにも、変形の原因を改善し、予防としての治療を受けることが必要となるのです。

     

    クリニックでは、以下の部位に働きかけをします。

    • 筋肉や靭帯に対して
    • 関節に対して
    • 神経に対して

     

    しかし、 「解剖的な変形」 がある場合、その変形を治すような100%の治療は不可能であると私は考えています。もし、クリニックの治療で痛みが無くなったとしても、変形そのものが治ったわけではなく、その変形とは一生うまく付き合っていくしかないのです。

     

    そしてそのためには・・・

    「患者さん自身のセルフケアが最重要なのです!」

     

    症状の「再発」や「悪化」を防ぐために、生活習慣の改善として「ストレッチ」「運動」、そして「定期的なメンテナンス」を心がけましょう。

    定期的なメンテナンスには、「予防医学」と言われているカイロプラクティックはお勧めです。

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    〜最後に〜

    今回でとうとう最後のコラムとなりました。私の都合でコラムの執筆は不定期でしたし、文章につたない部分も多々あったと思います。それでも最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    また、このコラムを書く機会をいただきました加藤様には、この場を借りて深く感謝いたします。ありがとうございました。

    今回のコラムが女性に限らず、少しでも多くの読者の方のお役に立つ情報になれば、大変嬉しく思います。

    これからも何か不明な点やご相談などがありましたら、お問い合わせください。出来る限りお答えいたします。

    長い間ありがとうございました。

    ほうじょうカイロプラクティック・整骨院 -院長 北條 善之

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    〜感謝の言葉〜

    コラム掲載にあたり、私の要望を気持ち良くお引き受けいただいた、北條先生のご好意に、この場を持ちましてあらためて感謝申し上げます。

    現在の日本では、その効果に反し、まだまだ認知度が低いのが日本のカイロプラクティックの現状だと私は思っております。

    北條先生のように、知識、臨床経験、生真面目な人柄を併せ持った優秀なカイロプラクターが、今後この日本でも増えることと、あらゆる腰痛に悩まされている我々患者が優秀なカイロプラクターに出会える事をカイロプラクティックの法制化も含め願ってやみません。

     

    腰痛ナビ / よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ / 肩こり百科 / 四十肩・五十肩の勘所

    運営元 サニー・デイ 代表 加藤一也

     

    北條カイロプラクティック 千葉県市川市市川

    北條 善之 プロフィール  
    ほうじょうカイロプラクティック院長

    都立小松川高校卒業
    武蔵大学卒業
    B.A(Bachelor of Art)

    ロイヤルメルボルン工科大学日本校卒業
    B.App.Sc (Bachelor of Applied Science)
    B.C.Sc (Bachelor of Chiropractic Science)

    ほうじょうカイロプラクティック

    千葉県市川市市川 1-26-33

    TEL:047-326-7373


    女性の腰痛 〜その予防と対策

    女性の腰痛「TOP」〜はじめに| |腰痛とは| |妊娠中の腰痛-ホルモンによる影響
    妊娠中の腰痛2-姿勢的(生体力学的)による影響| |産後の腰痛| |生理と腰痛| |女性の腰痛-その予防と対策

     ※重要 -腰痛は様々な原因で起こります。自己判断はせず、必ず、医師・専門家の診断を仰ぎましょう
    〜 「女性の腰痛 〜予防と対策〜」についての情報を募集しています。

    どんな小さなことでもかまいません、こんな感じだった等の体験談や治療体験など、関連情報をお持ちの方、ご協力をお願い致します。

     ※印は入力必須ですので、必ずご記入下さい。
    ※ご提供頂いたすべての情報が掲載されるとはかぎりません。

     (※)おなまえ (ニックネームでかまいません)
     
     (※)メールアドレス
     
     (※)メールアドレス (再度入力)
     
     URL(http:〜正確に) ホームページをお持ちの方は、ぜひ、ご記入下さい。
     

     メッセージ
     
      控えを送る(送信元へ写しを送信)

       

     

    運営サイトのご案内

    よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ

    腰椎椎間板ヘルニアの勘所(要点)を出来る限りわかりやすく解説しています

    肩こり百科

    肩こりからくる頭痛、めまい。 家庭で出来る肩こりマッサージや肩こり体操・肩こりストレッチ。肩こりの原因から整体・カイロプラクティック・病院検索まで。肩こり治療/予防解消の為の検索情報サイト 「肩こり百科」

    四十肩・五十肩の勘所

    四十肩・五十肩の原因、症状から治療法・リハビリに役立つ四十肩体操・五十肩体操、ツボ・マッサージなど、四十肩・五十肩の治療と予防解消の為の知識を身につけて頂くサイトです。

     

     腰痛は、様々な要因でおこります。自己判断せず、必ず、医師の診断・専門家のアドバイスを仰ぎましょう。

    腰椎椎間板ヘルニア/坐骨神経痛/ぎっくり腰。病院/治療院検索のことなら、腰痛専門 検索情報サイト::: 腰痛ナビ :::

    Management-start form April,2003. (C)サニーデイ

    サニーデイ
    Management-start form April,2003. サニーデイ