「腰痛ナビ」腰痛専門、検索情報サイト
 腰痛専門 検索・情報サイト 「腰痛ナビ」

身近な腰痛の原因 〜こんな服装が原因に・・・

意外な事かもしれませんが、服装によっても腰痛を引き起こす原因になっている場合があります。

ここでは、日常生活において大きくかかわり合いある「服装」について、どのような服装が腰痛を引き起こす原因となりうるのかを解説してゆきます。


●押さえておきたいキーワード

まずはじめに、腰痛に悩む方々に、出来れば避けた方が望ましいと覚えて頂きたい服装のキーワードを書いておきます。

それは・・・

  • 体を締め付けるような「窮屈な服装」
  • 身に着けた時に、「体の自然な動きを制限してしまう」ような服装

この2つのキーワードを、頭の片隅にでも覚えて頂き、以下を読み進めて下さい。

腰痛の原因 おさえておきたいキーワード


●腰痛の原因となりうる服装の具体例。

では、いったいどんな服装が腰痛を引き起こす原因になりうるのか?具体例を交えて説明してゆきます。

「スキニ―ジーンズ」や「タイトスカート」

多分、一本くらいは持っておられるという方々も多いのではないでしょうか?

これらに共通するポイントは、先にあげた2つのキーワード「窮屈な服装」「体の自然な動きを制限してしまう」に合致します。

〜しにくい(●●しにくい)服装を避ける。窮屈すぎる服装は、血流を悪化させることにより腰痛の原因の一つにもなります。

又、「かがみにくい」・「膝を曲げにくい」・「足が広げにくい」など、「〜にくい(●●しにくい)」という事で、「体の自然な動きを制限」してしまいます。

この「〜にくい」という、人間にとって不自然な体の動き(制限)の積み重ねが、腰をはじめ、膝や股関節など様々箇所に負担をかけたり疲労を蓄積させてしまうのです。

その他にも、

  • 「キツイ下着」や「スパンクスなど補正下着」
  • 「きついベルト」
  • 「きついタイツ」

なども同様です。

これらは、「タイトパンツ症候群」とも言われ、腰痛に限らず、むくみ・便秘など、体に様々な悪影響を与えるとも言われています。

対策

しかし、腰痛は避けたいがオシャレもしたいという方々の為に、下記を腰痛対策の服装選びの参考にして頂ければと思います。

  • 動きやすいストレッチ性のある素材を選択する。
  • 試着してみる時に、体を曲げたりしゃがんでみたりして、自然な感じで動けるか確認。
  • 締め付けのキツイ服装の着用頻度を下げる。(毎日では無く、1週間に1〜2日程度)

など、
ちょっとした選択と工夫を取り入れてみて下さい。

とにかく、先の「〜しにくい」服装はホドホドにと心掛けるのが賢明と言えます。


「ハイヒール(ピンヒール)」

特にピンヒールは、不安定な歩き方になりますので、体の自然な動きを制限してしまう為、腰痛の原因にもなります。

又、ハイヒールは形状によっては、外反母趾になりやすいという事をご存じの方も多いと思いますが、
外反母趾になると、痛みをカバーしようとして歩き方が不自然になり、腰だけでなく膝や股関節などにも負担をかけるようになってしまい、腰痛の他、膝痛・股関節痛などを引き起こす事もあります。

対策

ヒールの高さは、「2〜3センチ」を目安にし、窮屈でないものを選びましょう。また、足の甲がキチンとカバーされているものを選ぶのもポイントです。


「ローライズパンツ(腰履き)」

こちらは、いわゆる腰履き(ベルトループの部分が骨盤と股関節の間にくる)状態になるので股関節の動きが制限され、結果、腰の反りが強くなり「背骨のS字カーブ」を崩してしまいます。

人間がうまくバランスを保っていくには、この適切な「生理的彎曲(S字カーブ)」が必要で、背骨のS字カーブが崩れると腰痛をはじめ肩こりなど様々な体の不調の原因になってしまう恐れがあるのです。

又、腰履きは、普通のズボンに比べ、背中やお腹がカバーされる面積が小さいので「冷え」にもつながります。冷えた結果、血流悪化による腰痛の原因の一つにもなります。

さらに注意したいポイント

ローライズと高めの靴(ハイヒールやブーツなど)の組み合わせや、ローライズを履いたままの座りっぱなしは、腰の反りが大きくなるので注意が必要です。

対策

長時間の着用・きっぱなしを避け、帰宅したらリラックスできるズボンに着替える。

座る時にボタンをゆるめる。

 関連  掲示板へ寄せられた質問

ローライズのジーンズをはくと骨盤?の一番出っ張っているところが痛くてジーンズをはいていられません。


薄着

冬場に多くみられるのが、ファッション性を重視しての薄着やミニスカート・・・

これらも、体の冷えや血流悪化からくる腰痛の原因にもつながります。

冷えは万病の元とも言われますので、体を冷やさない服装を心掛けるのも大切です。


ちなみに・・・

「健康に悪いファッションアイテムベスト5」というランキング順では、
スキニージーンズ、ハイヒール、Tバック、ネクタイ、イヤリングとなっております。

着るもの(服装)は、日常生活において大きな関わりをもつものでもあるので、これら原因となる服装を出来るだけ着用しない・着用頻度を下げるようにする事が、腰痛の予防対策、健康の為に役立つことでしょう。

 

プレミアムピックアップ

 

 ※重要 -腰痛は様々な原因で起こります。自己判断はせず、必ず、医師・専門家の診断を仰ぎましょう

腰痛治療相談掲示板は、こちら      全国の病院/治療院検索は、こちらからどうぞ

〜 「身近な腰痛の原因 〜こんな服装が原因に・・・」へ情報を付け足す。

腰痛ナビでは、このページに関連した情報を募集しております。

どんな小さなことでもかまいません、こんな感じだった等の体験談や治療体験など、関連情報をお持ちの方、ご協力をお願い致します。

 ※印は入力必須ですので、必ずご記入下さい。
※ご提供頂いたすべての情報が掲載されるとはかぎりません。

 (※)おなまえ(ニックネームでかまいません)
 
 (※)メールアドレス
 
 (※)メールアドレス (再度入力)
 
 URL(http:〜正確に) ホームページをお持ちの方は、ぜひ、ご記入下さい。
 

 メッセージ
 
  控えを送る(送信元へ写しを送信)

   

 

 腰痛は、様々な要因でおこります。自己判断せず、必ず、医師の診断・専門家のアドバイスを仰ぎましょう。


腰痛治療 病院治療院検索 腰痛体操/ストレッチ 「腰痛ナビ」 よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ 四十肩・五十肩の勘所 肩こりからくる頭痛・めまい 家庭で出来るマッサージ/肩こり体操「肩こり百科」

 

サニーデイ
Management-start form April,2003. サニーデイ