腰痛ナビ 椎間板ヘルニアの勘所

■ 腰痛治療相談掲示板 【ホーム】  > 「仕事中の姿勢について」

   

仕事中の姿勢について

日時: 2007/11/07 17:25
名前: ちゃき

いつもお世話になっております。以前にも腰椎椎間板ヘルニアで相談させていただいたちゃきです。


現在、自宅療養3ヶ月が過ぎ状態も大分良くなってきたので、今週から職場に復帰のしています。現在の状態としては、しっかりと前屈できるようになり、腰や下肢の痛み・痺れはありません。時間のとともに徐々に左臀部の突っ張り感はでてきますがストレッチで良くなります。


仕事上、前傾姿勢をとる事が多いです。現在、腰を曲げる事で痛みがでることはありませんが、しばらくはなるべく前傾姿勢をとらないようにした方がいいでしょうか?また、介護など腰に力のいれる動作は体がどれ位の状態になれば可能でしょうか?現在仕事は時間・日数ともに減らし、徐々に増やしていく状態です。

回復していけるように仕事内容を調整していきたいと思っています。何かアドバイスをよろしくお願いします。

Page: 1 |

Re: 仕事中の姿勢について ( No.1 )
日時: 2007/11/06 20:31
名前: 壮快カイロプラクティック・松本 斉  <sokai-chiropractic@herb.ocn.ne.jp>
参照: http://www.sokai-chiro.com

ちゃきさん、はじめまして。
書き込みを見て、気になる事が有りましたので書かせていただきました。
『現在の状態としては、しっかりと前屈できるようになり、』と書かれていますが、前屈は少なくともここしばらくはやめた方が賢明です。
元々ヘルニアを発症する原因の一つに、人間は椎間板の前方にばかり負荷がかかることがあげられます。
一つにと書きましたが、(他の要因でもヘルニアにはなり得ますが)原因としては最多であると考えられます。
痛みの有無に係わらず、そういった姿勢はできるだけ取らないように注意するのが望ましいと思います。
もちろん前傾姿勢も同様です。
Re: 仕事中の姿勢について ( No.2 )
日時: 2007/11/09 10:07
名前: αカイロプラクティック小倉東  <alpha_chiro374976@ybb.ne.jp>
参照: http://www.geocities.jp/alpha_chiro7/

ちゃきさん、はじめまして。
一番は、主治医の判断になるかと思いますが、参考程度の意見として回答いたします。
私は、松本先生と少し意見が違うので、混乱しないようにご自身でご判断ください。

現在、多少の症状はあってもストレッチで改善されているようですので、このまま腰に力をいれる以外の仕事であれば、体調をみながら少しづつ増やして構わないと思います。
当院では、必ず逆の動き(ストレッチや体操)をやって骨格のゆがみや筋肉の負担が残らないように指導し再発を防止しております。
ちゃきさんの場合であれば、背伸びで軽く反らしたり、後ろで手を組んで肩甲骨を寄せたり、手を前に組んで背中を後に張るような体操をするといいかと思います。
ただし、何か異常を感じるようであればその体操はすぐに中止してください。
また、腰に力を入れる仕事をする為に、スクワット50〜100回を目安にやってみては如何でしょうか?
それが出来るようになり、10kg位のお米などをかかえあげても平気になれば少しづつそういった仕事を再開しても良いかと思います。
介護の際は、ベッドの高さやお部屋の環境のせいで背筋のみを使ってばかりいるために、腰に負担がかかることが多いので、膝の屈伸力を多用することで腰の負担を減らせると思います。
それと、介護独特の体の動きに関する書物も参考に腰に負担がかからない方法を試してみるのも良いのではないでしょうか?
(古武術を利用する方法など様々あるようですよ

けっしてあせらず、無理せずに頑張って下さい。
お大事に。

Re: 仕事中の姿勢について ( No.3 )
日時: 2007/11/09 20:49
名前: ちゃき

壮快カイロプラクティク様、お返事ありがとうございます。

やはり、仕事中の前傾姿勢はできるだけ避けた方がいいのですね。まだ仕事に復帰したばかりですので、なるべく腰に負担はかけないように気をつけたいと思います。また、前屈はストレッチで床に脚を伸ばし行っていたのですが、ストレッチであっても避けた方がいいと言う事ですよね?リハビリの先生とも相談し、できるだけ負担のかからないストレッチを行っていきたいと思います。
Re: 仕事中の姿勢について ( No.4 )
日時: 2007/11/09 21:16
名前: ちゃき

αカイロプラクティック様、お返事ありがとうございます。

具体的なご意見大変参考になりました。ありがとうございます。今後、前傾姿勢は全く取ってはいけないのかと不安に思っていた処です。“逆の動き”と言う事ですね。今までは反ることは避けた方がいいと言われていましたが、先生の言っている軽く反る動きを早速試してみたいと思います。ヘルニアになる以前は行っていた、床に寝て上半身を上げて反らす事は腰に負担をかけるため避けた方がいいでしょうか?
スクワットも早速行ってみたいと思います。スクワットは普通のスクワットを行っても問題ないでしょうか?今通っているカイロの先生には腰に負担のかからないスクワットを教えていただき実施している最中なのですが。
仕事や介護時の姿勢も、本なども参考にし、負担のかからない方法を見つけていきたいと思います。
Re: 仕事中の姿勢について ( No.5 )
日時: 2007/11/10 09:04
名前: αカイロプラクティック小倉東  <alpha_chiro374976@ybb.ne.jp>
参照: http://www.geocities.jp/alpha_chiro7/

おはようございます。
「逆の動き」をする意図は、前傾などの偏った姿勢により立位にもどしても骨格に前傾した状態が残る(症状のある方はこのゆがみが残っていることが多いです)のを防ぐ為に、骨格も立位の状態にリセットしてあげるということです。必要以上に反らしたりする必要はありません。

ではまず反らす動作ですが、仰向けに寝るか立った姿勢で背伸びをし、手を耳より後方にするとわずかに体が反りますので、その程度くらいがよいでしょう。
あと、後手で肩甲骨を寄せる体操の際もわずかに反っていますので、まずは、この程度の体操からはじめてみるとよいでしょう。
スクワットもハーフスクワット(途中までかがむスクワット)を5回くらいから始め、痛みや回復力に応じて回数を徐々に増やしていき、最終的にはふつうのスクワットで100回を目標にされると良いと思います。

最後に、参考になりそうな本をご紹介したいのですが、商品名を書けないルールなので、直接メールをいただければお教えいたします。

Page: 1 |

病院・治療院検索


 

 


▼ このスレッド 「Re: 仕事中の姿勢について」 に返信する。

=注意= 下記のフォームは、(αカイロプラクティック小倉東)さん達(「このスレッドを立られた質問者」と、その質問に「回答する方」)用のフォームです。

→ 違う方が質問を書き込む場合、ご自身で新しいスレッドを立られて質問することをお勧め致します。

▼ 「質問」「書き込む」前に・・・

 同じような質問が過去にされていないか?下記の検索フォームで一度調べてみて下さい。

▼ 過去の質問や回答の中に、有益な情報が含まれているかもしれません。

腰痛は様々な要因でおこります。自己判断はせず、「医師・専門家」の指示を仰ぎましょう。

 

(C) Management-start form April,2003  サニーデイ.

腰痛ナビ よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ 四十肩・五十肩の勘所 肩こり百科